和戸川の電子本

space

ビッグバン時の宇宙にはかすみがかかっていた。光学望遠鏡でも電波望遠鏡でも、その先に存在する幼年期の宇宙を観測することはできない。誕生時の宇宙は量子よりも小さかった。私たちの宇宙の物理法則と数学公理を適用できるのは、そこまでだ。
私たちの宇宙は、3次元の空間座標と1次元の時間座標から成る、4次元時空だ。4次元時空は、高次元時空から誕生した。高次元時空には、質的に異なる物理法則と数学公理が存在している。そこは、人間にとっては無の世界になる。超ひも理論が、高次元時空を解き明かそうとしているが、使われている物理学も数学も、私たちの宇宙で確立されたものだ。この理論が示す高次元時空は、4次元時空へ投影された幻影以上のものではない。

知覚も認識もできない高次元時空。人間を宇宙の中心に置く人間原理を捨てると、驚異の宇宙像が見えてくる。私たちの宇宙は、時間と空間それに未知の物理要素から成る、あらゆる方向へ無限に広がっている宇宙と、完全に一体化している。高次元時空から移動したエネルギーが、特異点を誕生させ、宇宙を構築。量子には高次元要素が含まれていて、マクロの宇宙に適用できない波動関数で表現される。重力子が、時空の壁を越えて飛び回っていることを示す、間接的な証拠が積み上がっている。重力子を介してエネルギーが時空間を移動する。

ビッグバンの過程で最初に誕生した原子は水素原子。現在の宇宙に存在する原子の75%を占める。重い原子は恒星内部の核融合で作られた。水素原子と酸素原子から成る水(氷)が、宇宙に大量に存在する。生物の誕生と生体機能の維持に、最も重要な役割を果たしているのが、水素原子と水だ。生物は奇跡なしで誕生する。生物が居住可能な惑星が、次々に発見されている。
人間にとって宇宙空間は余りにも広大だ。通信速度が光速では、他の知的生命体と交信するのは困難。アインシュタインが否定した、量子もつれという奇妙な現象がある。2つの量子が数万光年離れていても、物理特性が瞬時に同期する。高次元時空が実在することを示唆するこの現象は、量子コンピューターで使われている。量子もつれを使って他の知的生命体と交信する未来が、やってくる。

第1版

販売: アマゾン


cyber war

スマホなどのコンピューター端末が、あらゆるところに入り込んでいる。情報の収集・解析・応用が加速され、人々は、社会でも家庭でも、情報インフラの進歩に追いつくのに精一杯。世界中の端末が結ばれ、人工知能化しつつあるが、そのことの可否を議論する余裕はない。

世界の金融機関から、約500億円を盗んだ組織がある。FBIなどが捜査しているが、組織の特定はできていない。庶民には驚くほど巨額な窃盗だが、アメリカ、中国などがやっている正規サイバー軍の攻撃に比べれば、大したことはない。
2013年に衝撃が走った。中国人民解放軍が、世界中の個人・企業・政府機関に対してサイバー攻撃を加えていることを、アメリカの情報セキュリティ会社が公表した。また、アメリカの国家安全保障局が、個人・企業・国家首脳・政府機関を標的にした、極秘諜報活動を行っていることを、元CIA職員が暴露した。
個人や組織が、うごめいている。プロのサイバー兵士が、機密情報窃取やインフラ破壊などの攻撃を、他国に加えている。最大の脅威は、原子力発電所の爆発と核ミサイルの暴発。
個人も日常的に攻撃されている。日本には、年間80億回のサイバー攻撃。個人情報を盗まれたり、攻撃のための踏み台にされている。多くの場合、ユーザーは気づかない。本著では、ウイルスなどの特徴と攻撃のパターンや、個人ができるセキュリティ対策にも触れた。

第2版

販売: アマゾン


dog

異種の動物を受け入れて、完全な共生生活をできるのは人間だけだ。本書は、エッセイと写真でつづった、種の垣根を越えた愛と命の物語。

オーストラリア滞在中に貰い受けた、捨て犬だった雑種の大型犬モンタ。犬でも狼でもない亜種ディンゴの血が入っている、強烈な個性の持ち主だった。
モンタを人間家族の一員として育てた。2~3才の幼児並みの知能を持つ犬は、人間との共生生活から多くのことを学習し、人間化する。
日本へ来た当初は戸惑っていたが、やがて日本的なものの全てに慣れ、生活を楽しんだ。誰からも愛されながら、幸せな犬生をおくった。

1年間のがん治療のあと、心不全が命を奪った。いつもの時刻にベッドに入り、そのまま息を引き取った。家族にとっては突然死だったが、全てを予感していたモンタは、最後の日々にとても奇妙な行動を取った。それを詳述。
家族は、深刻なペット・ロス症候群に落ち込んだ。この体験をもとに、ペット・ロスに深く切り込んだ。この章が本書では特に重要だ。
そのあと、不思議な因縁が、最古の犬種バセンジーを家族の一員にした。モンタと同じように強烈な個性を持った犬だ。筆者は、小学生のときに最初の犬を亡くし、命の重みを知った。モンタが再び命の重みを教えた。命の物語を継続させるために、最後にラッキーを登場させた。

第2版

販売: アマゾン


android

時は未来。

人間が作った復讐のマシン・黒のアンドロイド。百兆個の強靭なナノ鋼鉄細胞から成るからだ。宇宙のどのように過酷な状況にも耐えられるばかりか、人間は、アンドロイドの深層心理に、極限状況を乗り越えられる、強靭な精神を植えつけた。
灼熱の炎によって、徹底的に破壊された地球。アンドロイドは、人類を苦悶のうちに絶滅させた侵略者を宇宙から消滅させるために、復讐の念に駆られた生き残りの人間たちによって作られた。広大な宇宙空間を瞬時に崩壊させる空間崩壊爆弾が、からだに埋めこまれている。侵略者の内部に入り込んで自爆するのだ。
人間によって、復讐、怨念、憎悪の塊にされたアンドロイドは、人類の最後の生き残りの夫婦が狂気の夢の中で死んだあとも、目的完遂のために突き進む。極限の恐怖にさらされても、復讐の怨念が打ち砕かれることはない。

人類が宇宙を制覇したときに現れた侵略者とは何か?人類をこの宇宙から抹殺した侵略者の意図とは?時空を超えた次元の闇の中からこの宇宙に出現した、侵略者の正体が最後に明かされる。そして黒のアンドロイドの意外な存在理由も。果てのない時間と空間を舞台にした善と悪の戦い。この小説は未来の黙示録だ。

第2版

販売: アマゾン


genpatsu

M9クラスの地震が、50年余の間に6回発生。太平洋周辺に集中。アラスカから日本列島へかけての太平洋プレート北辺で、大震災の前に3回も発生。巨視的な視野を持っていれば、日本列島近辺で巨大地震が発生することは、想定内だった。
深海調査研究船が、震央真上で海底を調査。高さ50m、幅1500mの隆起が伸びていた。巨大地震が原発の近くで発生すれば、どのような技術的対策も無力。

進化を通して、生物は自然界から放射線を浴びてきた。放射線に抵抗力を得たばかりか、進化の助けにする能力を発達させた。自然被爆と人工被爆の違いを理解することが、大事だ。

核燃料廃棄物は、400kgのガラス固化体にされる。ここに、もとのウラン鉱石1万トン分の放射能が閉じ込められる。2007年までに、固化体キャニスターの本数が2万200本になった。原発の稼動が続けば、この数は限りなく増える。最終処理場は未定。
発電は、風力発電のように、とても古典的な方法で行なえる。箱物の建設費だけで数千億円から1兆円を大きく超える、巨大で複雑、かつ危険な原発で発電する必要はない。さらに、核燃料廃棄物の処理など、目に見えない膨大なコストが加わる。地震大国が原子力大国になることは、危険だ。原発は、時限爆弾に乗った火薬庫。日本は方向転換しなければならない。

第2版

販売: アマゾン

広告(Googleアドセンス)